新潟での成年後見のことなら「新潟成年後見相談センター」にお任せください!初回無料相談で初めての方でも安心してご相談いただけます。

新発田市での成年後見に関するご相談

  • HOME »
  • 新発田市での成年後見に関するご相談

新発田市での成年後見のことなら
「新潟成年後見相談センター」にお任せください

sample_tarou
司法書士相続太郎

はじめまして。「新潟成年後⾒サポートセンター」 代表の猿子公司(ましこ たかし)です。

行政書士ましこ事務所は、平成23年より新潟県新発田市において、農地転用などの許認可申請、金銭の貸借に伴う金銭消費貸借契約書の作成等、これまで生活に身近な業務を取り扱ってまいりました。 近年、特に「遺言」「生前贈与」、葬儀後の「遺産分割」「相続税の申告」「相続放棄」「不動産や預貯金の名義変更」「相続不動産の売却」などの「相続」とともに「成年後見」に関するご相談が増えています。

平成12年、介護保険制度とともに成年後見制度が発足しましたが、その当時は制度自体の認知度も低く、利用状況もかんばしいものではありませんでした。 しかし、急速に進んだ高齢社会では核家族化とも相まって、もはや高齢者を家族だけでは支えきれなくなっているのが現状です。 高齢者を社会全体で支える制度、そして自らの老後を自ら決定する制度 それが、成年後見制度です。

成年後見制度の利用を考えるとき、それがその後の人生にも関わることであることから、ご相談者の一番の心配は、「今自分が相談しているこの相手が信用できる相手なのか」であると思います。

当事務所では、ご相談者さまに安心をお届けすることを第一と考えています。 ご相談者さまの、疑問、悩み、心配を十分にお聞きし、問題がどこにあるのかをご一緒に考えてまいります。 後見制度と相続が密接に絡んでいる問題にも、ご相談者にとって最善の方策を提案しサポートします。 また、後見事務についても適切なアドバイスを行います。誰に何を相談したらよいのかお悩みの時は、思い切ってご相談ください。 後見制度はその後に発生する相続問題の準備段階ともいえます。

後見制度の趣旨を正しく理解したうえで、制度を適切に利用することがまず大切です。 適正な価格で、適切な診断・アドバイスを行うとともに、ご相談者のストレスを少しでも軽減できれば幸いです。 どんな質問にも全力で対応させていただきます。 最後に、皆様のご多幸を心からお祈りいたします。

事前予約をいただければそれ以外の時間枠でも対応できる場合があります。どうぞお気軽にご連絡ください。

大阪成年後見相談センター 選ばれる3つの理由

大阪成年後見相談センター 選ばれる3つの理由

1成年後見・相続に強い専門家が集結! 成年後見・相続のワンストップサービス!

成年後見や相続の手続きは、不動産や預金、各種名義変更、所有権の問題など、様々な問題が複雑に絡み合っているので、対応する専門家が異なるケースがほとんどです。
このことから、お客様自身が対応できる専門家のところへ出向き、同じ話を何度もしなければならないということが起こってしまうのです。

ワンストップサービス

当センターでは、こういったお客様の手間を減らすべく、成年後見・相続に強い士業のスペシャリストが、チームを組んで全面サポートいたしますので安心してご相談していただくことができます。
また、チームで活動しているので、リーズナブルな価格設定も魅力の一つかと思います。費用の面でも安心してご相談くださいませ。

ワンストップサービス

2初回のご相談は無料です!

初回相談無料

特に成年後見のご相談の場合、一概に言えない部分が多く、お一人お一人のケースについてお話をまとめる必要がございます。まずは無料相談にお越しいただき、ご自身のケースにおいてどのような対応が必要であるのか?
一度、整理の意味も込めてお立ち寄りくださいませ。

手続きの流れや相談内容は「成年後見相談ヒアリングシート」にまとめてお渡ししております。どうぞお気軽にご相談ください!

初回相談無料

3安心の明朗会計!

手続きには「一体どのくらいの費用がかかるのだろう?」と不安に思っていませんか?
成年後見は、お客様お一人お一人でご相談内容が大きく異なります。このことから具体的な料金がわかりにくくなりがちです。
そこで、大阪成年後見相談センターでは、料金体系を案件ごとにホームページて公開しております。

納得の明朗会計

また、無料相談では、1つ1つの費用について丁寧に説明し、具体的にいくらの費用がかかるのか?を納得してお帰りいただけるよう心がけております。
まずは安心して無料相談へお越しください。

納得の明朗会計

新発田市について

1889年(明治22年)41日の市制によって設置された市のうちの1つ。

市の中心部にあたる信濃川河口部には、古くから港が開かれ、幕末の日米修好通商条約開港五港の1つとなった。現在でも水陸の交通の要衝である。

2005年の広域合併によって人口が81万人を突破し、2007年(平成19年)41日に、本州日本海側では初めての政令指定都市に移行した。

市域には北区、東区、中央区、江南区、秋葉区、南区、西区、西蒲区の8行政区が設けられ、市役所をはじめとする市政の中枢機能は中央区に置かれている。

1950年代まで、信濃川左岸の新潟島中心部には堀が張り巡らされ、それに沿って柳が植えられていた。そのため、「水の都」「柳都(りゅうと)」などの異名を持つ。また、多数の漫画家を輩出していることや、バイパス網が発達していることで知られる。

萬代橋、NEXT21、朱鷺メッセ、デンカビッグスワンスタジアムがシンボル的存在となっている。

市名の由来

市の名前である「新潟」という地名については永正17年(1520年) に記録として残っているものの、地名の由来についての記録は残っていないため、由来については諸説ある。 元々信濃川河口部に「新潟」と呼ばれる潟があったという説 。信濃川の中州の間に新しい内湾、すなわち新しい潟が形成されたことにちなむ。という説。信濃川河口部の地形の変化により新しくできた島などにできた集落を「新方」(にいかた)と読んでいたのが「新潟」(にいがた)に訛ったという説 。元々は新潟島の海岸部にある村だったのが現在の古町のあたりに移転したときに、海岸部の村に対して移転先を「新方」(にいかた)と読んでいたのが(にいがた)と呼ばれるようになり、「方」に「潟」の字を当てて「新潟」(にいがた)となったという説

気候

冬季に降水量が多くなる日本海側気候であるが、緯度の割に温暖である。 冬は海岸近くの為日本海からの北西風が強く、一日雪の予報でも時折晴れ間が見える事が多い。このため島嶼部を除く新潟県内で最も雪が少ない地域で、50cm以上の大雪への備えも十分でなく、豪雪県のイメージとは裏腹に交通マヒが起こることもある。近年では2010年2月5日に81cmの積雪を観測しているが、1m以上の積雪は1961年以来、半世紀以上に渡ってない。強風やヒートアイランド現象によって放射冷却現象が弱められるため、冷え込みは東京都郊外と比べても厳しくなく、近年氷点下5度以下を記録することは少ない。

春から夏にかけては同緯度の東北太平洋側と比べると気温が高く、南高北低の気圧配置になった場合南風が越後山脈を超える際に起こるフェーン現象の影響を受け、生暖かい強風が吹き高温になることがある。

市域内には前掲の新潟地方気象台をはじめ、東区松浜町の新潟空港(松浜観測所)、秋葉区小戸下組(新津観測所)、西蒲区巻甲(巻観測所)の計4箇所にアメダスが設置されている。このうち内陸に位置する新津観測所では、2012年8月31日13時22分に36.6度、同年9月14日正午に35.5度と、それぞれ当日の全国最高気温を記録するなど、夏には厳しい猛暑となる一方で、冬の寒さは沿岸部よりも厳しく、氷点下10度を下回ることもあり、1985年に-15.1度、2003年には-12.1度、2012年にも-10.0度以下を観測している。このように、市域内でも沿岸と内陸では気候に大きな違いがある。

ウィキペディアより引用

 

対応エリア

新潟県南部

(新潟市・新発田市・村上市・燕市・五泉市・阿賀野市・胎内市・北蒲原郡聖籠町・岩船郡関川村・西蒲原郡弥彦村・東蒲原郡阿賀町)

その他のエリアについてもお問い合わせください。相続人が県外にいる、などの場合は県外対応も可能です。

無料相談受付中!(お問い合わせフォームへリンク)

成年後見 見出しタイトル

ご相談のながれ

よくある質問

料金について

事務所紹介

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらから

対応エリア

対応エリア

対応エリア

アクセスマップ

ACCESS

住所

〒957-0015
新潟県新発田市東新町2-3-28

TEL.0120-481-797

受付時間 : 9:00〜21:00

PAGETOP
Copyright © 新潟成年後見相談センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
お電話でのお問い合わせはこちら